【ケストース】話題のプレバイオティクスやシンバイオティクスをケストースで始めよう

ケストースは、今話題のプレバイオティクスです。

健康に、元気な毎日を過ごしたい方、おなかの調子を整えたい方には、特におすすめの食品です。

現在は健康・美容ともに【腸活】が注目されています。

ケストースも、腸活に大変役立つ、プレバイオティクスのひとつ。

特にNHKの人気情報番組「あさイチ」でも紹介された話題の善玉菌、「酪酸菌」のエサになる、注目のプレバイオティクスです。

ケストースとプレバイオティクスについて、分かりやすく解説します。

プレバイオティクスってどんなもの?

プレバイオティクスという言葉が、近年注目されるようになってきています。

少し前には「プロバイオティクス」という言葉が流行し、ヨーグルトなどさまざまな食品にも記載されていました。

では、プレバイオティクスってどんなものなのでしょうか。

またプレバイオティクスとプロバイオティクスって、違うものなのでしょうか。

腸内環境を整えるために必要な、プレバイオティクスについてご紹介します。

プレバイオティクスとは?

プレバイオティクスとは、簡単に言えば「大腸まで届いて善玉菌のエサになる食品」のことです。

プレとは英語で「前に、先だって」という言葉。バイオティクスは「生物の」という意味です。

つまり、生物に先立って摂取するもの、食べ物ということですね。

プレバイオティクスは1994年にイギリスとベルギーそれぞれの学者が提唱した概念で、善玉菌を効果的に増やすための食べ物を指しています。

ケストースはお腹の健康に役立つ食品です。

なぜなら、腸内にいる善玉菌のエサとなり、善玉菌を元気に増やすために活躍するからなのです。

プレバイオティクスとされる食べ物には、食物繊維やさまざまな種類のオリゴ糖などが主に挙げられます。

プロバイオティクスとは?

それでは、プロバイオティクスとは何なのでしょうか。

プロバイオティクスは、ビフィズス菌や乳酸菌など、ヒトの腸内にもともと生息していて、さらに腸内で善玉菌として活躍しているものを、増やすために摂取することです。

善玉菌の多くは、ヒトの胃液をはじめとした消化液にさらされると死んでしまいます。

そのため、一般的な乳酸菌やビフィズス菌では大腸まで届かず、終わってしまうことも少なくありません。

そこで近年は強靭な身体を持ち、生きたまま大腸までしっかり届く善玉菌が注目されてきました。

生きて腸まで届き働く善玉菌は、腸内フローラに良い影響を与え、腸内環境を調えてくれるのです。

つまりプロバイオティクスは善玉菌そのものを摂取することです。

プレバイオティクスとプロバイオティクスの違い

プレバイオティクスとは、善玉菌のエサとなる食べ物を食べて、善玉菌を応援することです。

ケストースは食品なので、プレバイオティクスになります。

一方、プロバイオティクスとは、善玉菌そのものを含む食品を食べることです。

善玉菌にはビフィズス菌や乳酸菌、納豆菌、酵母菌などたくさんの種類があり、さらにビフィズス菌や乳酸菌それぞれにもさまざまな種類があります。

善玉菌のエサとなる食品を食べるプレバイオティクスと、善玉菌そのものを食べるプロバイオティクスをかけあわせたら、最強なのでは?と思いますよね。

実は、すでにその考え方による健康的な食生活が提唱されているのです。

プレバイオティクスとプロバイオティクスを組み合わせるシンバイオティクス

プレバイオティクスとなるオリゴ糖や食物繊維などの食べ物と、プロバイオティクスとなるヨーグルトなどの善玉菌を含む食品を上手に組み合わせる方法、それがシンバイオティクスです。

シンバイオティクスは簡単なことならビフィズス菌などを含むヨーグルトに、オリゴ糖や食物繊維が含まれるフルーツを乗せて食べる、といったメニューでも可能です。

実際に毎日の食卓で実践している方も増えています。

そこでおすすめしたいのが、中屋商店のケストース。

忙しい朝の時間も、サプリメントなどが苦手な方も、手早くそして違和感なく食べられるおすすめのプレバイオティクスです。

プロバイオティクス食品と組み合わせることで、簡単に今日からシンバイオティクス生活がスタートできますよ。

中屋商店のケストースはプレバイオティクス【オリゴ糖】の一種です

中屋商店の販売するケストースは、プレバイオティクス。

善玉菌のエサとなるオリゴ糖の一種です。

実はオリゴ糖といっても、たくさんの種類があり、元気にできる腸内細菌も異なります。

中屋商店のケストースは、特に優れたプレバイオティクスとして働くオリゴ糖です。

ケストースはオリゴ糖の一種!

ケストースはオリゴ糖の一種です。

オリゴ糖はプレバイオティクスとして昔から「お腹に優しい糖分」「腸内環境にイイ糖分」と言われてきました。

健康に関する食品に、オリゴ糖が入っているものを見たことがある方や、食べたことがある方も多いのではないでしょうか。

オリゴ糖は、糖質の一種です。

糖質は三大栄養素で言うと、炭水化物に区分されます。

炭水化物はご飯やパンなど、主に主食として食べられる食品が多いカテゴリーです。

炭水化物に糖がたくさん含まれていることはよく知られており、ダイエットのために炭水化物を減らす方もいますね。

ただし炭水化物のすべてが糖分というわけではなく、炭水化物には食物繊維も含まれます。

また炭水化物に含まれる糖質は、カラダに脂肪として蓄えられてしまうものだけではありません。

オリゴ糖は、炭水化物に含まれる糖質の中でもカロリーが少なく、脂肪として蓄えられない健康的な糖の一種です。

オリゴ糖は糖類の一種!でも性質は砂糖と全然違います

オリゴ糖は、糖類の一種で、いくつもの種類に分かれています。

そもそも糖類はブドウ糖や果糖などの単糖類、砂糖や乳糖、麦芽糖などの2糖、でんぷんなどの多糖類などに分けられます。

単糖類がいくつつながった形状かどうかで分類されており、オリゴ糖は3~10個の単糖類がつながっています。

オリゴ糖のオリゴとは、少ないという意味のギリシャ語。10個以上連なっているでんぷんなどと比べると、少ない数の単糖類で成り立つ糖類です。

 

ブドウ糖や果糖、砂糖などは、食べると胃や小腸などを通る間に消化液に含まれる消化酵素によって、分解されます。

小さくなった糖類は血液に取り込まれ、脳で使用されるエネルギーとなります。

しかし使いきれなかった糖類は脂質として体に蓄積されるため、食べすぎると肥満の原因になったり、血糖値を高めて糖尿病の原因になってしまったりします。

 

しかしオリゴ糖には、難消化性と呼ばれる、唾液や胃液などの消化液では分解できないものが多く、血中に取り込まれることなく腸まで届きます。

そして、お腹の中にたくさん棲みついている、腸内細菌のエサとなります。

そのため、オリゴ糖はプレバイオティクスの代表格なのです。

もっと詳しく!ケストースというオリゴ糖をおすすめする理由

オリゴ糖にはさまざまな種類があります。

フラクトオリゴ糖、ガラクトオリゴ糖、イソマルトオリゴ糖など、聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

中屋商店のケストースは、フラクトオリゴ糖に分類される糖類です。

 

多くのオリゴ糖は難消化性でそのまま腸まで届き、腸内細菌のエサとなります。

そのためプレバイオティクス、腸内細菌を元気にしたり、増やしたりする食品とされています。

ただし、オリゴ糖は腸内にいるさまざまな菌のエサになりますが、善玉菌だけを元気にするわけではありません。

悪玉菌も日和見菌も、オリゴ糖をエサにしています。

善玉菌だけを元気にする【ケストース】には、優れた特長がいっぱい!

中屋商店で扱うオリゴ糖【ケストース】には、ビフィズス菌・乳酸菌・酪酸菌だけのエサになるという、驚きの有益な特徴があります。

では、ビフィズス菌・乳酸菌・酪酸菌だけのエサになるとどうなるのかを見てみましょう。

お腹の中にいるビフィズス菌・乳酸菌・酪酸菌だけを元気にできる

ケストースは他のオリゴ糖と違い、特定の腸内細菌にだけ食べられるという性質があります。

特定の腸内細菌とは、ビフィズス菌・乳酸菌・酪酸菌という、大変有益な働きをする善玉菌だけ。

悪玉菌のエサにはならないことが、ケストースの大きな特徴のひとつなのです。

多くのオリゴ糖は菌の種類を問わずにエサとなりますが、ケストースは違います。

ビフィズス菌・乳酸菌・酪酸菌は腸内環境を整え、健康維持に欠かせない善玉菌の中でも大変有名な腸内細菌です。

そのためケストースは、多くのプレバイオティクスの中でも、選別的に体に良い働きを持つ善玉菌だけを元気にする力を持ったオリゴ糖なのです。

ケストースはお砂糖と味が似ていて食べやすい

ケストースは、普段使っているお砂糖と甘みの強さが似ています。

そのため、お砂糖と同じ感覚でヨーグルトなどに混ぜて食べることができるので、いちいち量を加減する面倒がありません。

味が独特という甘味料もありますが、雑味の無いすっきりとした甘さです。

ケストースはアレルギーを起こす原材料を使っていないから安心!

ケストースは、グルコースとフルクトースという単糖類を特殊な酵素反応で、グルコース1;フルクトース2の割合で3つにつなげたオリゴ糖です。

自然界にも存在していますが、中屋商店で販売するケストースは、砂糖から作られています。

そのためアレルギー特定原材料等28品目は使用していません。

アレルギーの心配がない、安心して食べていただけるオリゴ糖です。

中屋商店のケストースは【ケストース100%】

昔からオリゴ糖はお腹の調子を整えるプレバイオティクスとして知られ、健康食品として販売されていました。

みなさまも一度はオリゴ糖の入っている食べ物や、オリゴ糖そのものを口にしたことがあるのではないでしょうか。

でも実は、オリゴ糖と表示してあっても、100%オリゴ糖を使用しているとは限りません。

またケストース以外のオリゴ糖は、食べても善玉菌だけのエサにはならず、悪玉菌のエサになって悪玉菌を増やす結果につながることもあります。

しかし、中屋商店のケストースは大変貴重なケストース100%の純粋な商品です。

ケストースは自然界にも存在するオリゴ糖ですが、量産化が難しく、こうして商品化できるようになったのはつい最近のことなのです。

これまでよりもぐんと進んだプレバイオティクスを、100%純度の中屋商店のケストースで体感してみてくださいね。

ケストースはお砂糖よりも太りにくい!血糖値も上がりにくい難消化性糖分

ケストースをはじめ、オリゴ糖の多くは難消化性で、腸まで消化されずに届きます。

普通の糖質は小腸を通るまでに消化酵素で分解され、身体に吸収されてしまいます。

身体に吸収されないため血糖値も上がりにくく、太りにくいというダイエットに嬉しい性質もあります。

さらにカロリー自体もお砂糖の半分程度なので、ダイエット中の方には欠かせない甘味料と言えます。

プレバイオティクスを実践してみよう!ケストースの美味しい食べ方

ケストースは徐々にではありますが、そのパワーが認められ始めています。

お腹の調子を整えるだけでなく、アレルギーやアトピー、お肌の調子、免疫力アップなど、さまざまな変化が期待できると考えられています。

今も研究が進むプレバイオティクス、ケストースはどのように食べると良いのでしょうか。

プレバイオティクスの定番!ヨーグルトに混ぜる

オリゴ糖など腸内細菌のエサとなり、腸内細菌を増やしたり元気にする食品を摂ることをプレバイオティクスと言います。

また善玉菌そのものを食べて、腸内細菌を増やすことをプロバイオティクスと言います。

そこで、最も簡単で定番、しかも大変有効な食べ方は、プロバイオティクスヨーグルトに混ぜて食べるという方法です。

善玉菌にも消化液に弱いものと、強いものがいます。

また研究の結果、消化液の影響を受けにくい加工が施された善玉菌も存在しています。

消化液に強い、腸まで生きて届きやすい乳酸菌やビフィズス菌を含んだヨーグルトは、スーパーマーケットでも手に入ります。

こうしたプロバイオティクスヨーグルトに、プレバイオティクスであるケストースで甘みを付ければ、食べやすい上にシンバイオティクスにもなる最強の組み合わせになります。

ケストースを使ったお菓子も登場!スイーツづくりに使ってみよう

ケストースを使ったお菓子も、すでに販売され話題となりました。

ゼリーやパフェ、アイスクリームや牛乳かんなど、お家で手軽に作ることができるスイーツはたくさんあります。

パフェは子ども達も大喜び!大好きなアイスとクラッシュしたゼリーを交互にグラスへ入れてゆき、最後にケストースを入れて泡立てた生クリームをトッピングしてみましょう。

ゼリーやアイス、シャーベットを作る時にもケストースを使えば、太りにくくてお腹に元気をプラスできる、プレバイオティクスパフェがお家で作れちゃいますよ。

生のフルーツにはたくさんの酵素が含まれているため、生のフルーツも添えたいですね。

他にも砂糖と似た甘みなので、さまざまなスイーツ、料理に使えます。

ケストースでプレバイオティクス生活・シンバイオティクス生活を始めよう

ケストースは、毎朝食べるヨーグルトにプラスするだけで、簡単にプレバイオティクス、シンバイオティクス生活が始められる優れたオリゴ糖です。

他のオリゴ糖と異なり、身体にとって有益な善玉菌しかエサにしないため、善玉菌だけを増やし、元気にすることができます。

お腹の調子やアレルギー、お肌の調子などが気になる方、中屋商店のケストースで簡単にプレバイオティクス、シンバイオティクス生活をスタートしてみましょう。

ケストースに関連する記事

  • 【ケストース】話題のプレバイオティクス・ケストースで腸活宣言!

    健康な生活を求める方も、美容に関心がある方も、今は【腸活】が常識!腸活で注目され、NHKの人気情報番組「あさイチ」でも取り上げられた「酪酸菌」を、選別的に増やす作用が注目されているのがケストースなのです。腸活には、安心安全で簡単に美味しくプ

  • 【ケストース】中屋商店のケストースはどんな食品なの?

    ケストースは、最近健康維持に関するメディアなどで注目されている食品です。 健康なカラダで元気に暮らしたい、という方に知っていただきたい食品のひとつです。食品ですので、効果が強いお薬とは異なり、誰でも安心して食べていただけます。ケストースとは